Loading...

諫早青年会議所の歩み

 

一般社団法人 諫早青年会議所 これまでの歩み

諫早青年会議所の上部団体である日本青年会議所は、1949年、明るい豊かな社会の実現を理想とし、責任感と情熱をもった青年有志による東京青年商工会議所(商工会議所法制定にともない青年会議所と改名)設立から、日本の青年会議所(JC)運動は始まりました。
「修練」「奉仕」「友情」の三つの信条のもと、各地に青年会議所が誕生し、1951年には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設けられました。
さらには、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、世界を舞台として、さまざまな活動を展開しています。
そのような中、1965年当時は諫早大水害という我々にとっては生涯忘れることのできない大惨事が起こりました。毎熊 滋 初代理事長らが中心となり、「我々青年は、戦後日本の復興のために全世界と連携して新しいことを!」を合言葉に、諫早の町を元気にするため、社団法人 諫早青年会議所を創立いたしました。事業を通し、様々な経験を経て、2014年には創立50周年を迎えました。

これまで行ってきた事業の抜粋

1973年  新制作座「泥かぶら」公演
1975年  長崎県立総合運動公園にSL設置
1982年  諫早レッズ球団始動
1984年  諫早文化会館にオランダ風車設置
1988年~1990年
歴史漫画三部作「諫早一揆」「眼鏡橋」「いさはや」製作
(国際青年会議所アジア大会にて褒賞)
2000年  いさはやエコフェスタ開催
2001年  我がまち「いさはや」ジュニアコンファレンス
2002年  市民創作舞台劇「いのちのうたを歌おう」開催
2003年  新子稲作体験
2006年  みんなの想いをエコキャンドルに灯して(ギネス記録達成)
2008年  「地域が輝く時代を実現するために」開催
2010年  こどもの日全国少年野球教室諫早大会 開催
2011年  わくわく体験塾~自然に刻まれた歴史in対馬~開催
2012年  諫早文化会館 指定管理者受託
2014年   創立50周年記念式典並びに祝賀会開催
2015年 九州地区大会2015諫早大会主管