Loading...

地域委員会

 

一般社団法人諫早青年会議所

地域委員会

2019年度事業計画

スローガン

積極思考

~市民が語る地域の魅力~

委員長 髙島 正嗣

日本各地で地方創生へ向けた戦略が掲げられ、地域が自立できる活路を見出す努力が続けられています。諫早市も人口転出をはじめとする地域が抱える課題を改善するために、総合戦略のもと様々な事業が計画・実施され、大きく変わろうとしています。一朝一夕では解決が難しい課題ばかりですが、少しでも前に進むためには、行政だけでなく市民も積極的に地域と関わりを持ち、その先駆けとして、我々諫早青年会議所会員が地域の課題に取り組む必要があります。

まずは、諫早青年会議所会員自身が地域の課題と着実に向き合うために、行政が行っている取り組みと現状を知ることで、地域の抱える課題について理解を深め、今後どう活動すべきか考える機会を設けます。つぎに、会員自らが今まで以上にまちづくりに積極的に関わり、地域課題の解決を前に進めるために、市民が主体的に行っている地域活性化へ向けた取組みの事例を学び、地域の魅力について会員同士で語り合い想いを共有することで、会員自身の地域に対する当事者意識を高め、地域の魅力や特性を活かした地域課題の解決への糸口を見出します。さらに、会員を含めた市民が、地域に住み続けたいと思える地域の魅力を再認識するために、長年愛し続けてきた地域の資源、文化を、会員が市民とともに体験することで、地域への愛着と誇りを高め、地域の魅力を市民と共有します。また、長年市民に文化の発信拠点として慣れ親しまれてきた諫早文化会館を、地域の魅力も発信する、より身近でなくてはならない施設とするために、地域企業をはじめ諸団体との連携を模索し、意見を聞くことで、文化の発信にとどまらない活用方法を見出してまいります。

地域の魅力を共有し、地域への愛着と誇り高めた我々が、地域の魅力を自ら発信し、自分たちの地域を自分たちでより良くしていこうというシビックプライドを醸成した市民へと成長し、積極思考でまちづくりに参加する地域を創造します。
 

<事業計画>
1.諫早文化会館の活用推進
2.地域事業
3.定例会の企画運営。
4.全会員で取り組む会員拡大運動
5.川まつり、のんのこ諫早まつりの参画
6.諫早ボーイズレッズ球団への支援