Loading...

青少年委員会

 

一般社団法人諫早青年会議所

青少年委員会

2019年度事業計画

スローガン

誇り

~ISAHAYA PRIDE~

 

委員長 植杉 友哉

 

子どもたちの情報環境は時代とともに多様化し間接体験が圧倒的に増え、郷土愛など直接体験で養われる機会が少なくなっています。郷土愛を持った子どもたちは、将来の地域を支える大きな力となります。そこで我々は、諸先輩から脈々と受け継がれてきた諫早ボーイズレッズ球団、わんぱく相撲、そして直接体験をもとに郷土愛を育み、地域に誇りをもって貢献する子どもたちを育成していく必要があります。
まずは、諫早の未来を担う子どもたちが郷土を誇ってもらうために、諫早の身近な環境で仲間や兄弟と伸び伸び楽しく遊び、何度もその場所を訪れたくなるような事業を実施することで、将来地域に貢献する子どもたちの育成へとつなげます。そして、地域の子どもたちの健全な育成を願い、諫早青年会議所創立15周年記念事業として設立された諫早ボーイズレッズ球団が今以上に活躍し、野球から学ぶ礼節の心を持ちながら伸び伸びとプレーし上達できるよう、年間を通し諫早青年会議所全会員に今まで以上の関与を促し、サポートして参ります。また諫早ボーイズレッズ球団創立40周年を迎えるにあたり、子どもたちに野球の楽しさ、仲間を思いやる気持ち、日頃の練習の成果を実感してもらうため、球団創立40周年記念事業を開催し、諫早ボーイズレッズ球団の活躍につなげて参ります。さらに、先輩方が継続してきた歴史あるわんぱく相撲を開催し、多くの子どもたちに相撲を体験してもらうことで、礼節の大切さ、相手を称え思いやる心を養う機会とします。
子どもたちにとって楽しい遊びやスポーツといった直接体験から得た思い出は、いつまでも忘れることはありません。この幼少期に得た楽しい思い出は郷土愛へとつながり、将来の諫早で活躍する郷土への誇りに満ちた人への育成につなげます。

 

<事業計画>
1. 青少年育成事業の開催
2. わんぱく相撲諫早場所の企画運営
3. わんぱく相撲長崎ブロック大会への参画
4. わんぱく相撲全国大会への参画
5. 定例会の企画運営
6. 諫早ボーイズレッズ球団創立40周年記念事業の開催
7. 諫早ボーイズレッズ球団への支援先導
8. 全会員で取組む会員拡大運動
9. 川まつり、のんのこ諫早まつりへの参画