Loading...

拡大交流委員会

一般社団法人諫早青年会議所

拡大交流委員会

2022年度事業計画

スローガン

一期一会

~出会いは成長の種~

委員長 松本 恭介

今年で創立58年目を迎える諫早青年会議所は、これまでに様々な手法で会員拡大に取り組み、多くの仲間と出会ってきました。一時期は100名前後の会員が在籍し、毎年、各事業に取り組んできました。しかし近年では時代とともに会員数は減少傾向にあり、今後入会者が少なければ事業そのものが縮小し、組織運営も危うくなることが予想されます。諫早青年会議所が存続してくために、ただ単に会員を増やすだけではなく、諫早青年会議所の活動を理解し共に取り組んで頂ける多種多様な人材が必要となります。

まずは、拡大交流委員会でこれまでの諫早青年会議所が行ってきた会員拡大の取り組みや、各地域の青年会議所の成功事例の分析を行います。分析した内容は全会員に情報を発信・共有することで、会員数減少という課題を共通認識として持ち、会員一人ひとりに現在の状況を真摯に受け止めてもらいます。そして、会員一人ひとりが会員拡大を行いやすくするために、歴史ある過去の実績と、入会したからこそ味わえた諫早青年会議所の魅力を取りまとめた新たなツールを作成します。そのツールを使用し多種多様な人材が諫早青年会議所を魅力と感じられるアクションをおこして参ります。さらに会員数減少という課題を全会員で解決すべく、定例会や多種多様な人材が、諫早青年会議所を魅力と感じられる事業を実施し、参加者と交流を図ることで、理解を深め全会員での会員拡大へと取り組んで参ります。また、新入会員になられる方にはメンター制度を取り入れ、今後の活動をサポートして参ります。

一期一会の「出会い」を大切に、拡大のリーダーシップをとっていくことで、多種多様な人材の入会につなげます。さらに活動・交流をともにすることで今までの志向から幅が広がり、より良い事業につなげていきます。会員拡大の成功は、自分自身の成長、諫早青年会議所の成長、そして今後の地域の成長へとつながるものと確信します。